FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想ストーリー お姉ちゃん偏 その72

[壁]。。;)イジイジ
Takaちゃんの背中から身体を離して

涙をふきながら Takaちゃんに声をかけた

「そうだ Takaちゃん 

お姉ちゃん 夕べTakaちゃんがおいしいって言ってくれた ロールケーキをまた作ったんだ

ね いっしょに食べよ 今もってくるからね

ね ね 待ってね」

Takaちゃんの部屋を出て 涙を拭きながら階段を下りて行くと 下にTakaちゃんのお母さんが心配そうに待ってた

「ねぇ Takaどう?」

「声かけても答えてくれない (T-T) ウルウル」

「そう 唯ちゃんでもだめなんだ・・・・」

「でも今 夕べつくった Takaちゃんの好きなケーキ持って来ようと思って」

「ああ ありがとね あの子ったら、唯ちゃんに迷惑かけて・・・・ ごめんね」

「あとで ポットとお湯借りていいですか 紅茶作ろうと思うんで」

「それは、うちで用意するから ありがとう」

「はい じゃ ケーキとってきます」

まだ、何度も作ったわけじゃないけど、Takaちゃんに食べてもらったら、おいしいって言ってくれたケーキ

お店のケーキより、お姉ちゃんの作ったケーキのほうがおいしいよ なんて言ってくれて、にこにこ笑いながら食べてくれた

なんか作ったわたしまでうれしくなるような笑顔で 

Takaちゃんの笑顔が好き あの笑顔が消えちゃうのはいやだ

でも きょうのあの調子で Takaちゃん ケーキ食べてくれるのかな

ケーキを持って Takaちゃんの部屋のドアの前で、また 

お姉ちゃんだよ ケーキ持ってきたよ 入るよ」って言って部屋に入った

相変わらず Takaちゃんは、ベッドに横になって、ふとんかぶって、背中向けてる

Takaちゃんの部屋にある折りたたみ式のテーブルの脚広げて その上にケーキを用意した

「Takaちゃん 一緒にケーキ食べよ この前Takaちゃんが、おいしいって言ってくれたケーキだよ

お姉ちゃんが夕べ作ったんだ 何度か作ってるから、だんだん上手になってきてると思ってるんだ('-'*)エヘ

ねえ Takaちゃん 用意できたよ もう食べられるよ

ね 一緒に食べよ」

私が 黙ると 部屋の中がしーんとする

そんな部屋の中で 

「ねぇ Takaちゃん 食べようよ」っていう私の誘いの言葉だけが何度も

三十分待っても、同じことの繰り返し

「ねぇ Takaちゃん 黙ってちゃ お姉ちゃんなんだかわからないよ! それじゃお姉ちゃんが、悪くても
謝ることもできないじゃない ひどいよ 黙ってるなんて 言いたいことがあるのなら言ってよ
黙ってるなんて Takaちゃんらしくないよ」

そう叫んで この前のTakaちゃんが泣いたときみたいに わーんわん泣きだした

数分間 声あげて泣いた後 体育座りでうつむいて しくしくやってたら

「お姉ちゃん 泣かないでよ」っていうTakaちゃんの声がした

「Takaちゃん」

「もう 泣かないでよ」

「うん 泣かないから ね 一緒にケーキ食べよ」

Takaちゃん 静かにベッドの上で身体起こして それからテーブルのところに来て座ってくれた

涙を手でぬぐってから ケーキをカットして Takaちゃんの前のお皿においた

「ねぇ 食べよ 今回のは、お姉ちゃんの自信作なんだ」

Takaちゃん 黙って、フォークとってひと口食べてくれた

「ねね どう おいしい?」

Takaちゃん 黙って うなずいてくれた

「そお よかった  

ああ 紅茶いるよね とってくるね」

そういってTakaちゃんの部屋を出たら ドアの外に、おばさんがポットとカップと紅茶を用意してくれてた

「おばさんが用意してくれてた^^ 今、入れるね」

ティーパックをカップに入れて、お湯を注いで、一分半待った

「Takaちゃん・・・・・・

この前は ごめんね 圭と仲直りしたくて わたし一生懸命になっちゃって やりすぎた」

そう言ったら Takaちゃん 持っていたフォークをテーブルに置いて、うつむいてボロボロって、大粒の涙流した

「やっぱりTakaちゃん、元気ないの この前、おしおきしちゃったせいなのね

ほんと ごめんね  Takaちゃんが、なにもなくて暴力なんか振るう子じゃないって知ってたのに」

「もう いいよ σ(・・*)ぼく お姉ちゃんに誤解されてるのがつらかったんだ でもお姉ちゃんがそう言ってくれるなら」

Takaちゃん また フォークを手にとって 

「お姉ちゃんの作ったケーキ おいしいよ」

そういって Takaちゃん きょう初めて すこしにこっと 笑ってくれた

それから 一時間ぐらい話してたら Takaちゃん いつものTakaちゃんに戻ってくれた


ほんとうに よかった・・・・

Takaちゃん 私にとって やっぱり大事なひとだもん 





























スポンサーサイト
[PR]

[PR]

theme : ***官能小説*体験談*h小説***
genre : アダルト

tag : 妄想 おなさなじみ お姉ちゃん

comment

Secret

プロフィール

Taka

Author:Taka
ここのところ 妄想話ばかり書いてます

よかったら 読んでみてください

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

Paradice Cafe

*:;;;:*あゅのエログ☆チョットHなセルフ撮etc*:;;;:*

ひとりえっちなう。

*Marika*のおっぱい

人妻Roseのエッチな姿

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

いつまでも女でありたい

公衆便器のちいたん日記

妄想族「rina」のR&H

人妻 みくの小部屋

エロ日記

いつまでもエロく華やかに。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。