FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想ストーリー お姉ちゃん偏 その71

(TεT) イイサ・・・
Takaちゃん なんであんな暴力ふるったのかしら

何の理由もなく そんなことする子じゃないことはよく知ってるんだけど

何聞いても ちゃんと答えてくれない

圭と親友だっていうわたしの立場も考えてほしいのよね

圭の彼氏に暴力振るうなんて、あの圭が 本気で怒ってた

Takaちゃん おしおきしておくって言って やっと圭に許してもらったのよね

暴力振るったことは 間違いないんだから Takaちゃんも素直に謝れば、すぐに許してあげようと思ってたのに

Takaちゃん なんかいつもと違って 素直じゃなくて

でも あんな大泣きしたTakaちゃん見たの Takaちゃんが小学校のころ以来だったかも

あの日 大泣きして 泣きながら 何も言わずに帰っちゃった

あれから 学校の講義の時間もあわなくて、Takaちゃんと会ってないのよね


「唯ちゃん ちょっといい」って Takaちゃんのお母さんが、わたしの部屋を訪ねてきた

「ねえ 唯ちゃん Takaのことなんだけど なんかあの子変なのよね

あんまり食べないし 部屋にこもったままだし 学校も行ってないみたいだし

唯ちゃんなんか知らないかなって思って 

また、唯ちゃん、喧嘩でもした?」

「いいえ 喧嘩は、おばさんに見られたあのときだけで そのあと仲直りして 

この前も 一緒に仲直りデートしたし」

「ああ ペアルックで出かけていたもんね

ねえ 唯ちゃん 悪いけど、Takaと会って、話してくれない? あの子 唯ちゃんのこと大好きだから」

「ええ いいですよ Takaちゃん今どこにいるんですか」

「自分の部屋にこもったっきり、朝から出て来ないのよ」

それ聞いて なんか胸騒ぎがしてきた

「すぐに行きます」って言って Takaちゃんの部屋に行った

Takaちゃんの部屋のドアの前で 

「Takaちゃん お姉ちゃんだよ 入るよ」って言って部屋に入った

部屋に入ると カーテンのしまったままの暗い部屋で Takaちゃん ベッドの上で横になってた

「どうしたの 調子が悪いのなら看病してあげるよ

幾ら何でもこんな暗いところで カーテンぐらい開けたらいいのに」

そういって カーテン開けようとしたら

「そのままにしておいてよ」って ぼそっとTakaちゃんが言った

「どうしたのよぉ Takaちゃん こんなところにこもって おばさんも心配してるよ

ねえ ほんとどうしたのよぉ お姉ちゃんには、話してよ」

Takaちゃん ベッドで背中向けたまま 何にも言ってくれない

「ねぇ Takaちゃん 黙ってないでなんか言ってよ

この前のこと怒ってるの? だってTakaちゃん 暴力ふるったのは間違いないし

素直に謝らないし わたしだって圭とのことあるし

ねぇ Takaちゃん お姉ちゃんと口きいてくれないの?

そうやって ずっと無視するの?

ねぇ Takaちゃん なにか言ってよ やだよ~」

Takaちゃんの背中にしがみついて 泣いちゃった
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

theme : ***官能小説*体験談*h小説***
genre : アダルト

comment

Secret

プロフィール

Taka

Author:Taka
ここのところ 妄想話ばかり書いてます

よかったら 読んでみてください

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

Paradice Cafe

*:;;;:*あゅのエログ☆チョットHなセルフ撮etc*:;;;:*

ひとりえっちなう。

*Marika*のおっぱい

人妻Roseのエッチな姿

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

いつまでも女でありたい

公衆便器のちいたん日記

妄想族「rina」のR&H

人妻 みくの小部屋

エロ日記

いつまでもエロく華やかに。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。