FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想ストーリー お姉ちゃん偏 その65

(`-´メ) プンッ
圭さんに紹介された、さとしさんっていう彼氏は、さすがテニス部のキャプテンっていうだけのことはあって

スポーツマン体型で、小麦色にやけてて、かっちょいいお兄ちゃんだった

だけど 何となく神経質そうな印象がした

「さとしさんの家ってね、お父様が会社経営されてて、資産家なのよぉ お家も大きいの

初めて招待されたときは、お屋敷みたいって、驚いちゃったわ^^」

「へえええ」

「いや、祖父がつくった会社ですよ。それを父が継いで、いずれは、ぼくが継ぐことになる」

「ねえ すごいでしょ

だから、小さいころから、テニスも、日本トップクラスのプレーヤーにコーチについてもらって教えてもらってきたんですって

だっから、国体に出場できるぐらいの腕前なのよ」

「へええええ」

「いやぁ テニスは、ほんの趣味ですから これから経営者となるための体力作りと、精神面を鍛えようと思って続けているだけで」

「Takaちゃん、さとし、悪いんだけど、道路の反対側の銀行にちょっと行って、振り込みしてきたいんだけど、席外していいかな」

「ああ いいよ」「どうぞどうぞ」

「じゃ 振り込んだらすぐもどってくるからね」

そういって 圭さんは、喫茶店を出て、向かいの銀行へ向かっていった

「まあ、趣味といっても、いずれ会社を継いで人の上に立つ人間になる以上、やるからには一流でなくちゃだめだ

君は、何か人に誇れるような趣味を持ってるのかい?」

「いやぁ 特には」

「そうだろうなぁ いいなぁ お気楽人生で」

感じわりぃな こいつ ムカッ

「大学生活も、特に目標なく、キャンパスライフをエンジョイっていうやつか

まあ そういう人生も悪くないかもな  ただぼくには、できん

ぼくには、会社を継いで、従業員を養う責務があるからね」

「さとし先輩 あなた もてないでしょ^^」

「( ‥) ン?  冗談じゃない、告白しまくられて困ってるぐらいさ 実際 圭にだって」

「いやぁ 女性じゃなくて 男にモテナイでしょ」

「(⌒▽⌒)アハハ! 男にもててどうするんだよ 面白いこというな 君は

まあ そのうち、女性も一流の女性を妻に迎えるつもりだ」

「はい? 一流の女性? 圭さんは?」

「(⌒▽⌒)アハハ! やめてくれよ まだぼくは、今年で22歳になったばかり まだまだ結婚は、先の話しさ

ただ、『彼女』といっても、一流でなくてはだめだ

君、圭のことどう思う?」

「圭さんですか? 綺麗な方だと思いますよ さっきも偶然会ったとき、圭さんの周りが輝いているように見えましたよ」

「だろ 10人が10人、圭のことは美人だという」

「そっかぁ さとし先輩は、圭さんの美貌に惚れたんですね」

「惚れた?」

「そそ」

「やめてくれよぉ 惚れてなんかない」

「惚れてないんですか? でも 彼女なんでしょ?」

「圭に告白されて、この子は、一流クラスの美人だと思った

彼女としていっしょに歩くのなら ぼくにとってのいいアクセサリーになると思った

それだけのことだ」

「アク・・・・・セサリーって」

「例えばだ、君の彼女、唯さんっていったかな  

唯さんを見て、10人が10人、美人だというと思うか?」

「いやぁ 唯ねぇちゃんは、美人っていうより、かわいいっていうタイプだから」

「(* ̄m ̄)プッ そうだろうな

しかしなぁ 『かわいい』なんていう形容は、ほめようのないブスに対しても使う言葉でね^^」

ムッ(怒)

「じゃあ お姉ちゃんがブスだとでも?」

「いやぁ そうは言ってない ただ一流の彼女とは呼べないだろう しかし君にはお似合いかもな

そういやぁ テニス部の後輩から聞いたが、後輩から告白されても、唯さん断っているそうじゃないか

君よりは数段、いい男だと思うんだが。何を考えてるのかねぇ 

噂じゃ 結構な人数から告白されて、すべて断ってるそうじゃないか。少し多くの男から声かけられたんで、

自分がモテルと勘違いしてるんじゃないのかということだ

あんなチビで、あの御面相じゃぁ アクセサリーにもならん

君みたいな年下の男と付き合ってるなんて ブラコンか?

まあ 年上、同年代とは話を合わすことができないのかもしれんな

レベルがひくくて (⌒▽⌒)アハハ! 君ぐらいの年下の男のレベルとちょうど釣り合うのかもしれんな」

「てめぇ いい加減にしろよ・・・・・」と思わず低い声が出てしまった

「( ‥) ン? なんかいったか?」

「てめぇ いい加減にしろっていってんだよ」って叫びながら立ちあがって 

気がついたら、さとし先輩の胸倉つかんでた

 



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

theme : ***官能小説*体験談*h小説***
genre : アダルト

tag : 妄想 おなさなじみ お姉ちゃん

comment

Secret

大学生の唯さんは何故か『同級生2』の田中美沙の姿が頭に浮かぶ。
さとしって人の話は読んでて腹が立つね。
リーダーの器じゃないというか

Re: タイトルなし

そういわれてみますと
子どもの頃から 「脳内姉」って常にいたんですけど
外見のイメージって なかったですねぇ

唯ねぇちゃんにしても 外見は小柄で 見た目 イロッポイっていうより かわいいタイプっていう
想定はしてあるんですけど 誰に似てるって想像してないですね^^

美少女系のイメージで読んでいただければ うれしいですね^^

ネットで見てきましたが 田中美沙ちゃん わるくないですね
あと 嶋沢唯ちゃんとか ^^
プロフィール

Taka

Author:Taka
ここのところ 妄想話ばかり書いてます

よかったら 読んでみてください

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

Paradice Cafe

*:;;;:*あゅのエログ☆チョットHなセルフ撮etc*:;;;:*

ひとりえっちなう。

*Marika*のおっぱい

人妻Roseのエッチな姿

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

いつまでも女でありたい

公衆便器のちいたん日記

妄想族「rina」のR&H

人妻 みくの小部屋

エロ日記

いつまでもエロく華やかに。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。