FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想ストーリー お姉ちゃん偏 その57

ネットのお姉ちゃんとは、住んでる場所は めちゃめちゃ遠いんで
今まで 三回しか 生では会ったっていう経験ないんですけど

でも
その代わりっていったらなんですけど

メール代わりのチャットは 3年10カ月の付き合いで 1925通ほどやってもらってます(^^ゞ







「Takaちゃん」って 急にお姉ちゃんが 真面目な顔になった

「なによ 改まって」

「本当に この前は 叩いてごめんね」

「もういいったら 気にしないでよ 何とも思ってないから」

「うん ありがと
でも なんか Takaちゃんのこと美沙に取られたみたいで くやしくて さびしくて 悲しくて
Takaちゃんに当たっちゃったんだよね Takaちゃん何にも悪くないのに

美沙にやきもち焼いてたんだよね 

Takaちゃんが許してくれてるって言っても、なんかそんな自分が嫌で 許せないの」

「そんなに自分のこと追い詰めないでよ・・・」

「うん だから お姉ちゃんが気のすむように この仲直りデートで謝らせて」

「うん
でも もう十分 お姉ちゃんの気持は感じてるけど」

「ありがと
でも まだ 仲直りデート 終わったわけじゃないから 最後まで、お姉ちゃんに反省させて」

「うん わかった
それで お姉ちゃんの気が済むなら そうして」

「ありがと

でも 本当によかったぁ 
あの日 ずっと Takaちゃんと仲直りできなかったらどうしようって心配で心配で
何も食べられなかった

あんな気持で とっても夜、寝られないと思ったから 次の日までなんてとても
我慢できないと思ったから Takaちゃん帰ってくるところを捕まえて、謝って
仲直りしようと思って  それで 夕方から 家の外で待ってた」

「σ(・・*)ぼくも お姉ちゃんとどうやって仲直りしようかって、あの日考えてた」

「で~も Takaちゃんは、美沙の手料理食ったんでしょ?
わたしなんて なんにも食べられなかったんだから」

「いじめないでよ ^^;
なんで ここでそういうこというかなぁ^^;」

「(≧m≦)ぷっ! 冗談よ
でも ありがと  仲直りしたいって 考えてくれてたんだ」

「うん きょう中にお姉ちゃんに会って、仲直りした方がいいのかな それとも1日おいて
次の日にした方がいいのかなって考えてた  でも お姉ちゃんが待っていてくれて
その日のうちに仲直りできて、本当によかった」

「Takaちゃんが、隣の家に生まれてきてくれなかったら わたし、正真正銘の一人っ子で
わたしのこと『お姉ちゃん』なんて呼んでくれる人いなかったのよね
Takaちゃんが、隣に生れて来てくれなかったら、どうなってたんだろう」

「生まれた時からお姉ちゃんがいたからなぁ
そんなこと考えたこともないなぁ」

「そうよね Takaちゃん、現に生まれてきてくれて、近所でも有名な仲良し姉弟なんだから
そんなこと考えるのばかみたいよね^^

Takaちゃん あれあれ あれが観覧車よ」

「へええ 話には聞いてたけど 結構大きいね」

「うん 一周するのに 15分以上かかるんだって」

「ライトアップされてるじゃない」

「そそ 夜の方が綺麗でしょ^^
歩いてきてよかった いろいろな話もできたし」

「ところでさぁ プラネタリウムのときにいっていた 仕返しって 何するの^^;
びくびくしてるんだけど ^^;」

「あは
まあ 仲直りデートの最後のお楽しみにとっといてもらおうかな」

「(≧◇≦)エーーー!
最後に仕返しされるのぉ こわいなぁ」

「お姉ちゃんがやめてって言ってるのに 弟のぶんざいで やめないで最後までいかせちゃったんだから
仕返しされて当然でしょ (≧m≦)ぷっ!
おしおきよ おしおき」 

「だってぇ あれは お姉ちゃんが 好きにしていいっていうから ^^;」

「はいはい 言いたいことはそれだけ?
とにかく おしおき決定^^」

「相変わらず 強権発動 
σ(・・*)ぼくの意見なんか 通らないのね ^^;」

「あったりまえでしょ~
Takaちゃん わたしより二歳も年下なんだから」

「^^;
出ちゃったよ お姉ちゃんの得意のフレーズ ^^;」







スポンサーサイト
[PR]

[PR]

theme : ***官能小説*体験談*h小説***
genre : アダルト

tag : 妄想 お姉ちゃん おなさなじみ

comment

Secret

お姉ちゃんに頭が上がらないのは
現実のtakaさんも妄想のtakaちゃんもおんなじなんだね~。

そうだね。
観覧車ってエッチなこといっぱい出来るよね。
ワクワクしちゃうよ~。

Re: タイトルなし

あは^^;

妄想ストーリーのなかの Takaちゃんは ぼくの分身だからね (^^ゞ

妄想を文字にしてみると へえええ こんなお姉ちゃんがほしいんだって
改めて自己発見するものがあったりして ^^
プロフィール

Taka

Author:Taka
ここのところ 妄想話ばかり書いてます

よかったら 読んでみてください

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

Paradice Cafe

*:;;;:*あゅのエログ☆チョットHなセルフ撮etc*:;;;:*

ひとりえっちなう。

*Marika*のおっぱい

人妻Roseのエッチな姿

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

いつまでも女でありたい

公衆便器のちいたん日記

妄想族「rina」のR&H

人妻 みくの小部屋

エロ日記

いつまでもエロく華やかに。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。