FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想ストーリー 学園もの その8

(((((((*ノノ)イヤン ハズカシー
結衣 「あ~あ 絵里ちゃん、なんていう格好なの 素っ裸で、教室で、クラスメートの全員の前で、学校の机の上に大の字で縛られて、胸も、あそこも隠せないで、大きく脚広げて、おけ毛まで剃られて、子どもみたいな身体にされて、剥き出しにされたおまんこ、みんなに見られちゃうなんて」

舞 「でも、子どもみたいにされたのに、どんどんどんどんエッチなお汁出してるわ、ほらお尻の穴の方まで濡らしちゃってる 

絵里ちゃん あなた興奮してないなんてわたしたちに嘘ついていたわね こうやっておまんこ丸出しにされて、毛まで剃られて剥き出しにされて観察されたら、すぐにばれちゃうのに

ねえ 絵里ちゃん クラスメートにこんなことされて、感じてるんでしょ
正直にいいなさい」


絵里 「・・・・・・ ごめんなさい  みんなに裸にされて あそこ見られて、おけ毛剃られて 
恥かしくて   ちょぴっと感じてました・・・・・」

結衣 「ちょぴっと?」といって 絵里のおまんこからあふれ出しているエッチなお汁を指で拭って
絵里の顔に近づけて

結衣 「ねえ 絵里ちゃん、見てごらんなさいよこんなに溢れださせて、ちょびっとはないでしょ」

舞 「どうも、まだ素直になりきれてないみたいね 感じて、興奮しておまんこから、こんなにエッチなお汁溢れさせていたのに、興奮してないなんて嘘ついてたし、もう少しお仕置きの続きが必要みたいね。」

絵里 「ごめんなさい ごめんなさい ・・・・・・・・・・・・・・ おねがい、もう許してください」


結衣 「だめよ 嘘ついていたんだから。ちゃんとお仕置き受けないと。

    
    ねえ 中西君、なんか絵里に与えるお仕置きないの?」


中西 「そうだなぁ ほんとうな断髪式やって、ここで許してやってもよかったんだけど」

舞 「(≧m≦)ぷっ! うそばっかり」

中西 「そうだな せっかくこんな姿にさせてやったんだから。絵里のいっちゃう姿みてみたな。

    こういうのはどうだ  クラスメート全員、また順番にひとり十秒ずつ絵里のおまんこを指で、絵里がひとりえっちするみたいに触って行って、絵里をいかせちゃうっていうのは」

舞 「あはは それおもしろいねぇ わたし女だけど、女の子がいくところなんて生で見たことないし、絵里ちゃんみたいなかわいい女の子がいってる姿見てみたい」

結衣 「じゃ決定。それやりましょう  
    ルールは、一人十秒間ずつ、絵里ちゃんのおまんこを触って次の人に交代ね すぐに絵里ちゃんがいっちゃうとつまらないから、使用する指は中指だけ。縦筋に沿って、上下に動かしたり、クリちゃんのところを回転させるように指をうごかしたりっていうことで

絵里ちゃんをいったときに触っていた人には、特別なプレゼントがあります」


絵里 「いやあ みんなの前で、恥かしい姿見せたくない やめて お願い」

舞 「あらぁ 絵里ちゃん いくと決まったわけじゃないじゃない 絵里ちゃんががんばって、いくら刺激されても、いかなきゃいいのよ そうすれば、クラスメート全員のまえで、いっちゃうなんていう、女の子にとって一番恥かしい姿さらさなくてもすむのよ」

結衣 「そういうことよね 

   さてと 机 絵里ちゃんがエッチなお汁たくさん出して 机よごしちゃうとこまるから、絵里ちゃんの着てきたTシャツの残骸敷いてと

準備オッケーよ じゃあ 順番にいきましょうか」



舞、結衣を中心に 「10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、はい、交代次の人」というようなカウントダウンが行われ、次から次へと、休むことなく 絵里のおまんこが、クラスメートの手によって刺激されていった

教室には、舞、結衣のカウントダウンの声と、絵里のはぁはぁいう吐息と、そしてときおり絵里の身体から発せられる、ねこが水を飲む時のような音しか聞こえなかった

絵里はひたいにしわを寄せ あたまを横に振りながら、必死でその刺激に耐えていた


結衣 「あらあらあら、絵里ちゃん、クラスメートのみんなに刺激されちゃって、そんなに気持がいいの?
すごいわよ。もう大洪水じゃない。ほんとうに、エッチなのねぇ  嫌だなんて言いながら ほんとうはこういう恥かしい目にあうの好きなんじゃないの? 嫌だ嫌だって、上のお口はいってるけど、下のお口は、もっともっとって、正直に言ってるのみんなに見られちゃってるのよ」

舞 「ね、上のお口はうそつくけど、下のお口は、素直よねぇ。絵里ちゃん、下のお口みたいに最初から、上のお口も正直に言っていれば、こんな恥かしいお仕置き受けなくてもよかったのに

いい 絵里ちゃん いくときは いくって言わなきゃだめよ  黙っていったら、また恥かしいお仕置きの追加するからね わかったわね

返事は?」


絵里 「はぁ はぁ はぁ・・・・・・・・・・・・・・・・ はい・・・・・・・


ああ もうだめです  


絵里 いきます ごめんなさい う~~~~~~ん」と言って 絵里の身体が びくんびくんと痙攣するように動いた


結衣 「あらやだ ほんとうにいっちゃった」

舞 「ほんと クラスメート全員の前で 自分のいっちゃう姿公開するなんて、恥かしくないのかしら
   ねえ 絵里ちゃん、恥かしくないの?」

絵里 「はぁ はぁ・・・・・・・・・・・絵里、恥かしい・・・・ もう学校来れない」と言ってすすり泣きを始めた

舞 「あらぁ だめよ 写真撮影されてるの忘れないでね それからいくところは 動画まで撮られてるのよ
今度は 来週の水曜日、絵里ちゃんのエッチなお仕置き、隣のクラスでやってもらうことになってるんだから、
その次の週は、別のクラスっていう具合に、夏休み期間中に、絵里ちゃんのおまんこ、学年の人全部に公開することになってるんだから、二学期が始まったときには、絵里ちゃんのおまんこ、全員に見られてるの いいわねぇ、絵里ちゃんのおまんこ人気者になれるわよ」

絵里「そんなの いやぁ~」

結衣 「さて、絵里ちゃんのおまんこさわって、いかせたS君 あなたにはプレゼントがあります

絵里ちゃんのおまんこを ひとりじめして 舐めていかせてあげてください」

中西 「おお いいなぁ S おまえ絵里のことかわいいっていってたもんな うらやましいな」

舞 「さあ S君、遠慮しないで  こんなにエッチなお汁溢れてると、舐めにくいでしょうから、いまちょっとふいてあげるね」といって ティッシュを使って絵里のおまんこを拭いた 敏感になっているのか絵里の身体がびくんと震えた

結衣 「さあ 準備OKです 

  時間もそろそろ お開きの時間となってきましたので、S君が絵里を舐めていかせたら わたしたちのクラスの絵里ちゃんをお仕置きする会は、お開きにしたいと思います^^」

Sが 大きく両足を開いた絵里の下半身に近づき、おまんこに口を触れて、舐めはじめると
絵里の呼吸がまた あらくなってきた

舞 「あら S君上手じゃない^^ おけ毛がないから舐めやすいでしょ」

絵里 「だめ。。。 だめ・・・・ 絵里また、恥かしい姿 みんなに晒しちゃう」

結衣 「いいのよ 絵里ちゃん、遠慮しなくても、みんなが見てる前で 絵里ちゃんの気持ちよくなった姿、大公開してちょうだい」

舞 「そそ しっかり写真と動画におさめてあげるからね
  
   いい このこと誰かに言ったり、それから来週以降も毎週水曜日、学校にこなかったら、絵里ちゃんのこの恥かしい姿、印刷されて学校中、絵里ちゃんの家の近所に晒されることになるのよ、それからもちろんネットにも配信されて 世界中の人に見られることになるわ   でも 絵里ちゃんが毎週水曜日、学校に来て、ちゃんと学年全員のお仕置き受けてくれるっていうのなら、学年のみんなにしか、絵里ちゃんの恥かしい姿見られずにすむのよ

どっちがいいの」

絵里 「はぁ はぁ   わかりました 学校に来ます」

結衣 「いいこねぇ じゃ ご褒美に Sくんにいかせてもらいましょうね S君 もう少し 舐めるペースはやくしてあげてくれる

舞 「よかったわね Sくんも 絵里ちゃんのおまんこ気に行ってくれたみたいで ^^」

絵里 「ああ もうだめ また絵里 いっちゃう  みんなに絵里のいくところみられちゃう いや 


う~~~ん」といって また 絵里は痙攣をおこして はてた



その後 絵里のおまんこは、ティッシュできれいにされ 拘束はとかれて 絵里が持ってきた制服の着用を許された

教室は、机が運び込まれ 元通りの姿にもどった


結衣 「絵里ちゃん 下着、切られちゃったから、下はノーパンね なかなか素敵な姿よ

もうちょっと スカート上にたくしあげて 超ミニにしてくれる

もうちょっとあげて もっとあげて  おまんこがちょっと見えるぐらいまで 短くして

そそ そのぐらい 前から見ると スカートの裾からちらっと毛のないおまんこの筋が見えてかわいいわよ

その格好で家まで帰るのが きょうの最後のお仕置き

あら 大丈夫よ 周りをクラスメート数人で取り囲んであげるから 

でも 絵里ちゃんがいうこと聞かないと 街中で 絵里ちゃんのおまんこ晒されることになるけどね

じゃあ
みなさん ご協力ありがとう 有意義な夏休みすごしてね

絵里ちゃんは、また来週、今度は B組のお仕置き受けにきてね


これにて うちのクラスの絵里ちゃんのお仕置きは終了となります」







スポンサーサイト
[PR]

[PR]

theme : ***官能小説*体験談*h小説***
genre : アダルト

comment

Secret

みんなの前で

逝っちゃうだなんて絵里ちゃんってはしたないね~。
それに
10秒お仕置きは刺激的でドキドキでした。
次のクラスのお仕置きはなんだろう?

Re: みんなの前で

実際に 高校時代にクラスメートの前で
「いった」姿みられたら
そうとう 恥かしいよね ^^;

完璧にトラウマになるだろうなぁ ^^;
プロフィール

Taka

Author:Taka
ここのところ 妄想話ばかり書いてます

よかったら 読んでみてください

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

Paradice Cafe

*:;;;:*あゅのエログ☆チョットHなセルフ撮etc*:;;;:*

ひとりえっちなう。

*Marika*のおっぱい

人妻Roseのエッチな姿

美優の独り言(性欲処理道具の生き様)

いつまでも女でありたい

公衆便器のちいたん日記

妄想族「rina」のR&H

人妻 みくの小部屋

エロ日記

いつまでもエロく華やかに。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。